離婚にまつわる戸籍の取り扱い

離婚した場合、姓を変更した側は様々な手続きが必要

離婚届

現在の日本では、結婚した男女は夫か妻の姓を名乗ることになっています。そのため、夫か妻どちらかは結婚に伴い姓が変わり、戸籍が変更されます。そのため、離婚した場合、姓を変更した側は様々な手続きが必要になります。
離婚経験者のことを「バツ1」「バツ2」などと呼ぶ習慣は、紙媒体で管理していた時代に名前に×印をつけるという習慣があったことから生まれました。現在はオンラインで管理しているため、×印がつくことは実際にはありませんが呼び名だけ残っている状態です。

戸籍の変動は、「元の姓に戻り元の籍に入る」、「元の姓に戻り新しい籍を作る」、「婚姻時の姓をそのまま名乗り新しい籍を作る」の3つ

別れたあとの戸籍の変動については、大きく分けて三つのパターンがあります。
一つ目は元の姓に戻り元の籍に入るというパターンです。原則としてはこの形を取ります。ただし、籍の筆頭者は移動することができないので別れたという事実が記載されるだけです。
二つ目は、元の姓に戻り新しい籍を作るというパターンです。これは親が亡くなり旧籍がなくなっている場合もこのパターンとなります。この場合の注意点としては、本籍地を新たに定めることになるので、その点について考える必要があるということです。別れたあとの新居を本籍地にすると書類などを準備する際に何かと便利なので、そのようにする人が多いです。
三つ目が、婚姻時の姓をそのまま名乗り新しい籍を作るというパターンです。婚姻時の姓を名乗り続けるには、別れてから3ヶ月以内に手続きをする必要があります。この手続きに別れた相手の許可は必要ありません。3ヶ月を経過したあとでも、裁判所に申し立てをすれば手続きは可能です。ただ、必要な合理的理由が求められるので、婚姻時の姓を使い続けたいと思っている人は早めに手続きをするよう心がけるとよいでしょう。

親権者の母親が元の性に戻り子供も同じ性にする場合は、裁判所に申し立てをし変更手続きが必要

子供の姓に関しては、変更は基本的にありません。母親が親権者となり、元の姓に戻る場合は母親と子の姓が別々になることになります。その場合、裁判所に申し立てをすることで同じ姓にすることができます。この例において、母親が婚姻時の姓を名乗り続ける手続きをとったとしても、母親は新しい戸籍を作っていると見なされるため、見かけ上は同じ姓でも、母親と子供は別々の姓を使っていることになります。この場合でも、母親と同じ姓にするには手続きが必要です。筆頭者のもとに子供が残る場合以外は子供の姓は変更の手続きをとらないと親権者とは別々の姓になるということです。今後の生活上不便が生じることが多いため、たいていの場合は子供の姓も変更することが多いといわれています。