離婚手続きはどのように行うのか

離婚手続きには「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」があるが、だいたいの場合は協議離婚の段階で話し合いが終わる

離婚手続きには「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」の4種類があり、この順に離婚することが難しい状態であり、一般では協議離婚が一番多いです。この協議離婚に関しては、基本的に夫婦間の話し合いによって子どもの親権や養育費、財産分与に関すること、慰謝料を取り決めます。この話し合いが上手くいかなかった場合、残りの3つになってしまうのですが、だいたいの場合は協議離婚の段階で話し合いが終わります。
この際に、離婚届けを出すには、離婚届だけでなく、戸籍謄本も必要なので用意しておきましょう。

協議離婚で合意が成立しなかったら家庭裁判所が入り、多くは弁護士を立て調停離婚となる

そしてここで合意が成立しなかった場合、調停離婚となり、ここからは家庭裁判所が話し合いに関わります。これを申請する際には夫婦関係調整調停申立書・両社の戸籍謄本・印鑑を用意する必要であり、お互いに弁護士を立てて行う場合が多いです。
この際にどちらかの不貞行為や家庭内暴力など非がある行為が原因で離婚する場合、これを立証することが出来るものがあるのであれば、用意しておくと有利に進めることが出来ます。

調停離婚で調停が成立しなかった場合、審判離婚となり、それがうまくいかなければ裁判離婚となり命令として慰謝料の額などが決められる

そしてこの段階で調停が成立しなかった場合審判離婚となるのですが、この段階になるまでに半年程度かかってしまいます。この段階になると、家庭裁判所が調停委員の意見を聞いて、強制的に離婚を成立させることが出来ます。審判離婚であると、離婚する意思はあっても養育費などに納得がいかない場合であることが多く、離婚はすぐにできるケースが多いようです。

そして最終段階となる裁判離婚ですが、これに関しては離婚する夫婦の中でも全体の1%と本当に例が少なく、調停離婚が上手くいかなかった際に、どちらかが訴えを起こすことで行われ、確実に勝ち負けがはっきりし、裁判で命令として慰謝料の額などが決められることからこれを選択している夫婦もいます。