離婚弁護士があなたの人生の再出発を親身にサポートします。

最近増えている離婚理由について

3組に1組の割合で離婚している日本、離婚理由1位は、「浮気・不倫」

どんなに幸せそうな家族でも離婚する時があります。今や離婚率は35%ほどとなっており、実に3組に1組の割合で離婚しているようです。また、日本は離婚大国と言われているようですが実はロシアが一番の離婚大国で日本は平均的な離婚率のようです。

では離婚理由にはどういったものがあるのでしょうか。理由には色々とありますが、もっとも多いのは浮気・不倫によるものだそうです。つい出来心で浮気をしてしまう人は多いと思います。ご家庭をお持ちの方で、もしそういった気持ちになってしまう場面があったら大切な家族のことを思い出してみてください。きっと思いとどまれるはずです。

離婚理由2位は、「性格の不一致」

次に多い離婚理由は人間関係、家族関係による問題です。やはり好き同士で結婚し一緒になったとはいえ、元々は他人同士です。性格の不一致だったり、結婚して初めて見えてくる部分があるのは当然です。そういったところから離婚に繋がるケースも多いということです。 結婚相手の家族とうまくいかないケースも多く、そういった家族付き合いで苦労している人も多いのではないでしょうか。

離婚理由3位は、「DV、モラルハラスメント」

次に多い離婚理由はDVやモラルハラスメントです。肉体的な暴力と言葉の暴力ですね。これは男性から女性に対して行われることが多く、社会問題にもなっていますね。ここに挙げたような理由から離婚するケースが多い傾向にありますが、中には仕方なく離婚する人もいると思います。

しかしもしあなたに小さいお子様がいらっしゃるなら、一時の感情で離婚しようと思うのではなくしっかりと両者で話し合い落ち着いてみてはいかがでしょうか。せっかく多くの出会いの中から結婚したのですから、末永く家族仲良く平和に暮らすことが一番ですね。

最新投稿